マゴメコーヒープロジェクト|馬込沢駅前の珈琲専門店(magome coffee project)

I believe in coffee.

\\シュトーレン予約開始//







































蝉が鳴く季節から

クリスマスを待つように少しずつ食べる「シュトーレン」

ハイジのシュトーレン作りは夏に始まります。

白井市の梨、りんご、アプリコットやクランベリーにレーズン。
マンゴー、イチジク、オレンジ。

合計8種類のドライフルーツを洋酒に漬け込みます。

ドライフルーツと洋酒が馴染めば混ぜる。
馴染めば混ぜる。

これを冬になるまで繰り返すのです。

シュトーレンに深い味わいをもたらすだけではなく、生地の柔らかさに馴染む弾力を求めて。

生地へのこだわり

生地作りはパン屋にとって毎日のこと。
その中でもシュトーレンは、パンとお菓子のちょうど間くらいの難しさがあるのです。

小麦を知り尽くしたパン屋の知恵。

そこで生まれたのが、北海道産の「キタノカオリ」と「きたほなみ」、そして直前に石臼でゆっくりと挽いた「ゆめちから」を配合したパン屋独自のブレンドです。

大切にしたのは「小麦の風味」と「口どけ」の食感。

そのため、生地はしっとりと深い味わいを求めて3日かけて熟成させます。

シュトーレンが出荷されるまで

シュトーレンは、焼いて終わりではないのです。

焼きあがった後、まだ熱々のままに「焦がしすましバター」に潜らせます。

濃厚なミルクキャンディのような風味を感じるのは、そのため。

一晩寝かせてから、もう一度「焦がしすましバター」を塗り、本和香糖や粉糖で包み込みます。

そして、また一週間寝かせるのです。

そうすることでドライフルーツやナッツとも馴染み、しっとりとした口どけの食感が生まれます。
\\シュトーレン予約開始//

今年もやってまいりました!
ベーカリーハイジのシュトーレンの季節♪

今年は、なんと2種類ではなく、2つの大きさでのご紹介です。

ハイジさんでは3種類を販売中でどれも美味しいのですが、マゴメコーヒーはフルーツシュトーレン1種のラージサイズとレギュラーサイズを取り扱わせていただくことにしました。

なぜなら、職人のこだわりをそこに見たからです。

昨年もハイジのシュトーレンは生地がしっかりとしていて、しっとり、ほろほろと口どける食感が「こんなシュトーレン食べたことない!」と多くの声をいただきました。

昨年の終わりに「いやぁ、大評判でしたよ。特にしっとりした食感が良いという方が多かったです」と伝えると、

「もっと大きく作れば、もっとしっとりするんですよね。」と。

え?

じゃあ、作りましょうよ!

なんて話をしたのを宮下さんが覚えていたのかどうかは分かりませんが、今年はラージサイズがある~~~!!!

ということで、マゴメコーヒーは、フルーツシュトーレンのみで、

・ほろほろ口どけ食感のレギュラーサイズ(2960円 〜 3240円)

・中までし~っとり贅沢ラージサイズ(5000円 〜 5280円)

の2種を取り扱わせていただくことになりました。

レギュラーサイズでもハイジらしいシュトーレンを大いに味わえるので、ちょっとしたプレゼントには気張らない価格で使いやすいです。

でも、できるなら食べてみて欲しいラージサイズ!

しっとり具合がすっごいんです(O_O)

ということで、マゴメコーヒーでは30日からの引き渡し&発送となりますが、本日からご予約受付スタートです^^

ラインナップは、以下からご確認ください。
http://shop.magome.net/categories/280041

ご予約の方法は、

<店頭受け取りご希望の場合>

① 店頭で予約受付票をご記入ください。

WEBショップから「店頭受取」対象商品をご購入ください。
http://shop.magome.net/categories/280041

<配送をご希望の場合>
WEBショップから「配送」対象商品をご購入ください。
http://shop.magome.net/categories/280041

それでは、今から公式にスタートです!